土地の歴史

土地価格の今昔

土地のお清めの必要制とは

土地のお清めの必要制とは

土木工事や建築などで工事を始める前に、お清めの儀式をしている光景を目にすることが多くあります。
この儀式は地鎮祭と呼ばれ、その土地の神を鎮め、土地の利用の許しを得る、そして工事が安全に終了すること祈るために行い、主催は建築業者や設計者、施工主などがおこないます。
土地の四隅に青竹を立てて、その間を縄で囲い、神職の祈祷によってお清めがおこなわれるのが一般的です。
建物の物件価格の低下にともないこうした儀式を行う工事業者は近年減ってきており、実績のある業者ほど、こうした儀式を今でも行っている傾向にあります。
そのため、業者選びの一つのポイントとして頭の片隅に置いておくのも良いかもしれません。
もちろん地鎮祭自体の効果に科学的根拠はありませんが、住む前の土地に死骸などがなかった保障はまったくありませんので気持ちよく住み続けるには行った方が精神的負担にはならないのではないでしょうか。
また、簡易的ですが、自分で行うことも可能で、その際には四隅に酒と塩をまいてお祈りすると良いでしょう。

土地を譲渡する時の注意

土地をたくさん持っている人であれば、それを人に譲渡する時にあまり注意しないのかもしれません。
もちろん、知らない人ではなく、子どもや孫など親族に譲渡することがほとんどでしょう。
ビジネス上の関係会社の場合もあるでしょう。
土地は年限とともに価値が下がるわけではありませんし、その時代によって土地を持っている人が有利になるかどうかは違います。
土地を譲渡することで自分や自分の会社が利益を得ることができるなら、積極的にすすめることでしょう。
法律上の手続きは普通の人にはほとんど関係ないため、譲渡での必要な手続きはよくわからないのです。
具体的なことは不当産業者などの専門家にアドバイスをもらわなければなりません。
適当にやっていると後でトラブルの元になってしまいます。
世の中の変化によって、価値が大きく変わってしまう可能性は少なくありません。
高くなることもありますが、予想外に下がってしまう場合もあります。
それがビジネスを生んでいるのです。