土地の歴史

土地価格の今昔

土地の相場と実際の取引価格

土地の相場と実際の取引価格

理解ある業者へ土地の売却を検討するような習慣を考えていけば、相場に見合う内容を冷静に判断する意識が重要です。
最近土地は価格の変動が激しさを増しているので、売却に関連する詳細をいち早くゲットすることが理想的です。また購入時の金額以上を受け取りたい場合は、不動産業に携わるスタッフへ好意的に思ってもらえるような行動を実践する意識が大事なのです。
実質的な価値に見合った内容を見ていくことで、土地の相場にピッタリ合うような内容を知るきっかけを掴む方向にもなるわけです。
一方正式な手続きを踏むということを前提にしたビジネスがここ数年は見直されていて、土地本来の位置付けが変わってきています。
路線別に価格が提示される場面も最近は増えているため、売却への道を模索しているならばタイミングをしっかりはかる意識が大事なのです。複数の業者を通じて、一番よい条件にフィットしていくところをまずは選んでいくようにすることが大切です。

宅地として使える土地の条件

すべての土地が宅地として使えるわけではないので注意が必要です。特に価格が以上に安い場合や、接している道路の幅が狭い場合は十分な調査をする必要があります。
厳密には建築基準法と関連する法律に適合していることが必要ですが、宅地として使えるかどうかを簡単に見分ける方法があります。
その土地が宅地として使える条件は、近隣に住宅との建物が建っているかどうかです。周囲に建物が建っていない場所は疑ってみる必要があります。
さらに、敷地の場所がわかる図面等を、所轄の市町村の担当課に持参し、宅地として使えるかどうかを聞いてみるのが早い方法です。
最も大切な条件は道路に接しているかどうかです。道路は建築基準法に定められた公道等である必要があります。
街の中でも細い道路にしか接していない場合や、接している部分が少ししかない場合は建築が不可能な場合があります。
住宅の用途は市街化区域であれば対外の場所に建てることができますが、市街化調整区域では農林水産関係者以外は建築が難しくなります。