土地の歴史

土地価格の今昔

土地の単価把握はとても重要

土地の単価把握はとても重要 土地の価格は通常坪単価や平方メートルあたりの単価で表現されることが多くなっています。
しかし、土地の価格については、周りの状況や大きな幹線道路までの距離などの影響で価格が変動することがあるので、注意が必要となります。
しっかりと土地の単価の相場を把握しておけば、探している土地の価格が適正なのかどうかが判断できるようになり、場合によっては、取引相手との価格交渉に臨むこともできるでしょう。
不動産相場については、エリアごとにインターネットの不動産情報サイトなどを参考に情報を集めれば、たくさんの情報を見つけることができます。
特に人気が高いエリアなどは価格が高騰していることが多いので、取引前にはしっかりと情報を集めるようにしたほうが安心でしょう。
特に取引に不慣れな人などの場合には、信頼できそうな業者に相談して取引をしたほうが安心して適正な取引が可能となるでしょう。
相談先の業者は、ネットなどでも探すことができます。

土地は消費税がかからないのが基本

土地の取引の場合、消費税が非課税となりますが、短期間駐車場として賃貸する場合などは消費税が課せられることがあるので注意が必要になります。
土地の譲渡については掛かりませんが、建物の売買となると、消費税がかかってしまうことになるので、きちんとその価格も把握しておくことが重要です。
もともとの価格が非常に高い建物取引の場合、消費税額は軽視することができない金額となってしまうことでしょう。
そのほかの税金関係としては、土地取引では不動産取得税などがかかってくることになります。
また、継続して所有している場合、毎年固定資産税が課税されることになるので、しっかりとその点を頭に入れておくことが必要になります。
未利用の土地であっても固定資産税は課税されてしまうことになるので、所有する場合も適正な管理はとても重要になってくるでしょう。
資産運用として遊休地にアパートを作って利益を生むようにすることも税金対策には必要になってきます。