土地の歴史

家を建てる時の方角の注意点

北向きの土地に家を建てる時の注意点

北向きの土地に家を建てる時の注意点 土地探しで多くの人が悩むのが方角についてです。
一般的に同じ分譲地であれば、北向きの土地は南向きの土地に比べて価格が低くなる傾向にあります。その理由は明快で、日当たり量の違いです。
北向きの土地に家を建てる場合には、いわゆる北入り玄関のプランとなり、家の正面に表情を作ることが難しくなります。家の印象を決める大きな窓を、通常は北側に設けることは少ないので、どうしても北入りプランの住宅は地味な印象を与えがちです。
しかし逆に通りに面する北側には玄関部分とユーティリティを集中させて、日当たりの見込める南側に開口部を大きく確保した居室を設けることで、プライバシーを守りながらも快適な日当たりの望める空間を創出することも可能です。
どうしても南側でなければならないというこだわりがなければ、北向きの土地探しを行うのも良いでしょう。
建築する場合には、採光プランやデザインなどをうまくまとめられるように、しっかりハウスメーカーと打ち合わせをして納得のいく設計をしてもらうことに注意しておきましょう。

南向きの土地に家を建てる時の注意点

土地が南向きであることは、家を建てる際には一般的に好条件です。
土地探しでは南向きの土地を見つけたいものですが、注意しなければならない事もあります。
南側に道路が接している場合は、交通量が多いことにより、騒音の問題が発生します。道路を挟んだ南側の隣接地の用途地域が異なる場合、将来、高い建物が建つ可能性があるので注意が必要です。
土地探しでは南向きの土地を見つけるのがベストですが、人気が高い分、価格も高くなり、求め難くなります。南に面する部分の間口が狭い場合は、プランニングが難しくなります。
南には居間を配置するのがプランニングの基本ですが、南側の間口が狭いと、玄関を配置する場所がなくなります。カーポートも南に面して設けることになり、窮屈な配置となります。
クルマ社会の現代では、駐車スペースの設置は必須ですが、南側を駐車スペースに取られると庭が狭くなり、せっかくの方角の良さが生かせません。
南側の間口が短い場合は、無理にその土地を求める必要はなさそうです。